読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rを通じて統計学を学ぶ備忘録ブログ

SPSSからRに移行したい私のような人向けのR解説ブログ兼学習用備忘録。

グラフィックス

ggplot2のGrammar of Graphics

【ggplot2 Elegant graphics for data analysis備忘録】 何か調べたいことがあれば、ブラウザの「検索」機能を使って、「geom_xx」とか「コロプレスマップ」など入力して検索。 参照元:ggplot2 Elegant graphics for data analysis. by Hadley Wickham こち…

第79回 ggplot備忘録その9

今回は、ggplotのファセット(faset)を見ていきます。データを視覚化するときに、これでもいいんだけど、もう少し上手くグループでまとめられないか・・・という時に役立つオプションです。つまり、ファセットを使うことで、サブグループ毎に視覚化することが…

第72回 ggplot備忘録その8

今回はヒストグラムに関するggplotのコードを見ていきます。 基本的な設定ではビンの数が30になっているので、binwidthで調整することも忘れずに。また、同じデータでも、調整次第では全く違うように見させることも可能ですが、そうならないように注意する必…

第70回 ggplotの備忘録その7

今回は散布図に回帰直線と信頼区間を書き込み場合のggplotのコードを見ていきます。単回帰分析であってもRのベースグラフィックから散布図に信頼区間を書き込むのは苦労しますが、ggplotでは非常に簡単です。ggplotが自動的に計算してくれます。 ggplot(demo…

第68回 ggplotの備忘録その5

今回は折れ線グラフを中心に見ていきます。注意することは、x軸には連続変数をもってくることが多いですが、離散変数を使う場合はファクタ化する必要があることかなー。 ggplot(demo, aes(x = no, y = y, col = class)) + geom_line(linetype = "dashed") + …

第67回 ggplotの備忘録その4

今回はggplot2の棒グラフを中心にみていきます。棒グラフを作成する際に注意すべき点は、y軸に「個数」を配置するのか、「値」を配置するのかを区別することくらいかなー。 ggplot(demo, aes(x = order, y = y))+geom_bar(stat = "identity") #stat="identi…

第69回 ggplotの備忘録その6

今回は散布図を中心にみていきます。注意することは、、、、点が重ならないように少しだけずらすことぐらいかなー。 ggplot(demo, aes(x = x1, y = y, shape = class, col = rank)) + geom_point(size = 5) + scale_shape_manual(values = c(4, 7)) + scale_…

第66回 ggplotの備忘録その3

今回はggplot2で基本的なグラフを作成していくことが目的となります。基本的なグラフは、散布図、折れ線グラフ、棒グラフ、ヒストグラム、ボックスプロットなどです。ggplotの基本的な考え方については、この記事を参照ください。 sugisugirrr.hatenablog.co…

第65回 ggplotの備忘録その2

年末はグラフィックに集中してまとめていきます。個人的にRを使う時にグラフィック関係のコードをよく忘れてしまうので、備忘録として書いていきます。基礎の基礎から始めて、ggplotまで書く予定です。では、まずは基本的なものから見ていきましょう。それは…

第63回 ggplot2の備忘録その1

第63回はggplot2の基本的概念について書いていきます。ggplot2は図を作成するための超強力なパッケージです。使い方さえ覚えてしまえば、簡単かつ効率良く作図できるようになります。 □ggplot2の用語と概念 ここでは、ggplot2におけるいくつかの用語の説明…

第42回 仮説検定

第42回は検定について書きます。仮説検定では、「差がある」「差がない」、「薬の影響がある」「薬の影響がない」というように、仮説を設定します。その際に、帰無仮説は基本的に、「主張したいこと」の反対のものを設定します。???って初めはなります…

第27回 分散分析(対応あり)

第27回は分散分析(対応あり)について書きます。 対応のある分散分析としていきましょう。 対応のある分散分析は例えば、食品a、b、cの美味しさを測定するときに、食品aを1〜5の人に食べてもらい、食品b、食品cも同様に1〜5の人に食べてもらいます。つま…