Rを通じて統計学を学ぶ備忘録ブログ

SPSSからRに移行したい私のような人向けのR解説ブログ兼学習用備忘録。

基本

第80回 因子ベクトルのあれこれ

こちらのブログは移転しました。 ベイズ統計が中心のブログです。もしご興味がおありでしたら、アクセスいただけますと幸いです。 今回は「因子ベクトル」のあれこれを見ていきます。個人的には、なんかエラーが出ていると、原因は因子ベクトルにまつわるも…

第77回 当たりが出やすい宝くじ売り場!?

第77回は、たまにはブログも息抜きも必要ということで「当たりが出やすい宝くじ売り場!?」は存在するのか否かについて考えてみます。おそらく皆様の近所にも存在する「当たりが出やすい」と謳っている宝くじ売り場のことです。さてはて、本当なのでしょ…

第73回 データの整形に関する備忘録

個人的には重要なのにすぐ忘れるので、データの整形に関する備忘録。 □データフレームの操作 □因子の順序を変更 > sizes <- factor(c("small", "large", "large", "small", "medium”)) > sizes.sml <- factor(sizes, levels = c("small", "medium", "large”)…

第57回 マルチレベル分析と分散分析

第57回はマルチレベル分析と分散分析について書きます。マルチレベル分析の理論を学ぶ中で、「級内相関」というものに出会います。級内相関の考え方は、分散分析の考え方に似ていると思ったので、分散分析をおさらいする復習回となります。詳しくは書きま…

第43回 変数間の関連パターン

第43回は変数間の関連について書きます。次回、重回帰分析の「階層的」重回帰分析の記事を書くために、変数間の「媒介関係」をおさえましょう。次いでに「疑似相関」「交互作用」についてもおさえておきましょう。 □媒介関係 xが原因変数、yが結果変数とし…

第42回 仮説検定

第42回は検定について書きます。仮説検定では、「差がある」「差がない」、「薬の影響がある」「薬の影響がない」というように、仮説を設定します。その際に、帰無仮説は基本的に、「主張したいこと」の反対のものを設定します。???って初めはなります…

第13回の補足 2変量以上の相関係数 

第13回の補足では2変量の相関係数について書きます。 相関係数が2変数(データセットでは2列)の場合、cor(x,y)と簡単に相関係数を求めることができましたが、変数が10列、20列と多い場合はどうすればよいでしょうか。1つ1つ、組み合わせて係数を求めて…

第13回 2変数の要約

第13回は2変数の要約について書きます。 まずは量的な変数間の関係を見るために、散布図を書きます。データセットは前回と同じです。

第12回 1変数の要約

第12回は1変数の要約について書きます。 調査データを手に入れた時、まず初めにすることはデータを図表化したり、平均などの基本的な統計量を算出する必要があります。第12回では1変数について、要約をしていきます。 「demo」データセットは番号、名…

第11回 パッケージのインストール

第11回はパッケージのインストールについて書きます。 そもそもRはパッケージをインストールすることを前提に設計されています。 SPSSでは、バージョンによって分析手法が制限されています。そのため、新しい分析手法を使って分析をしようと思っても、最新…

第10回 データの書き出し

第10回はデータセットの書き出しについて書きます。 write.csv関数、write.table関数、write関数、sink関数などがあります。 ここでは、write.csv関数で「studentdata」を「studentdata20150710」として出力してみる。 > write.csv(studentdata,"studentda…

第9回 データの読み込み

第9回はデータの読み込みについて書きます。 SPSSでは、savファイルかexcelファイルを簡単に読み込み、データを表示することができましたが、Rでは少し手間がかかります。 データをカンマ(,)で区切り、拡張子がcsv形式で保存されたcsvファイルが一般的に…

第8回 Rのデータオブジェクトと操作

第8回はRのデータオブジェクトについて書きます。 データオブジェクトとは何か。簡単いうと、処理対象のデータセットのことです。Rでは実数、文字、論理値などのデータを、ベクトル、行列、データフレーム、リストなどの形式で扱います。 例えば、xに100を…