Rを通じて統計学を学ぶ備忘録ブログ

SPSSからRに移行したい私のような人向けのR解説ブログ兼学習用備忘録。

GLM

第74回 ポアソン分布とサッカーのゴール数

今回は、ポアソン分布とサッカーのゴール数の関係をもとに、基本的なポアソン分布の説明から、オフセットと過分散も検討したポアソン回帰までみていきます。 ポアソン分布 サッカーのゴール数がポアソン分布に従うことは有名な話ですね。そもそもポアソン分…

第70回 ggplotの備忘録その7

今回は散布図に回帰直線と信頼区間を書き込み場合のggplotのコードを見ていきます。 単回帰分析であってもRのベースグラフィックから散布図に信頼区間を書き込むのは苦労しますが、ggplotでは非常に簡単です。ggplotが自動的に計算してくれます。 > ggplot(d…

第59回 マルチレベル分析〜R実践〜

第59回はRでマルチレベル分析を行っていきます。用いるデータはマルチレベル分析の生みの親でもあるRaudenbushが実際に使った高校のデータを使っていきます。データはここからダウンロードできます。 □hsb12の内容 hsb12の内容は、高校をサンプリングした…

第58回 マルチレベル分析

第58回はマルチレベル分析について書いていきます。マルチレベル分析は、その名が表すように、複数の水準を分けて分析していく手法です。マルチレベル分析は、「マルチレベルモデル」「階層線形モデル」「線形混合モデル」など様々な呼び方をされている手…

第57回 マルチレベル分析と分散分析

第57回はマルチレベル分析と分散分析について書きます。マルチレベル分析の理論を学ぶ中で、「級内相関」というものに出会います。級内相関の考え方は、分散分析の考え方に似ていると思ったので、分散分析をおさらいする復習回となります。詳しくは書きま…

第52回 ポアソン回帰分析

第52回はポアソン回帰分析について書いていきます。これは見てわかる通り、誤差構造にポアソン分布を利用します。つまり、ポアソン回帰分析の目的変数は「ポアソン分布」に従います。従い、ポアソン分布に従って発生する観測値(y)に影響する要因(x)との…

第51回 多項(Multi)ロジスティック回帰分析

第51回は「多項ロジスティック回帰分析」。これはどのようなときに使う手法なのでしょうか。簡単に言うと、名義尺度の目的変数が3つ以上のとき、多項ロジスティック回帰分析、目的変数に順序関係がある場合には順序ロジスティック回帰分析(もしくは、順序…

第50回 プロビット回帰分析

第50回はロジスティックとプロビットの関係について書いていきます。ロジスティック回帰分析のことを調べると、爾汝の交わりのようにつきまとってくるプロビットという言葉。「プロビット」って何者なのでしょうか。 ・許容値分布 2値変数を扱う場合はロ…

第49回 ロジスティック回帰分析(R実践)

第49回はロジスティック回帰分析をRで実践していきます。データセットのサンプルは、以前の記事でも使わせていただいた「マンガでわかる統計学〜回帰分析〜」をもとにしております。書籍では、ノルンという喫茶店の「スペシャルケーキ」が売れるかどうかを…

第48回 ロジスティック回帰分析

第48回はロジスティック回帰分析について書きます。ロジスティック回帰分析を簡単に説明すると、目的変数が「2値」の時に利用する分析手法です。例えば、売れる/売れない、勝つ/負ける、投票する/投票しない、発生する/発生しない、0/1、などなどです。普…

第41回 AIC

第41回はAICについて書きます。 以前の記事でもモデル選択の記事でAICはちらっと紹介しましたが、今回はAICに焦点をあてて書いていきます。数式はほとんど使いません。 □AICの考え方 モデル選択では、問題意識として、どのような統計モデルを選択するべき…

第40回 パラメタ推定法(最尤法) 

第40回はパラメタ推定法(最尤法)について書きます。 パラメタの推定法はいくつかありますが、回帰分析では特に指定がない限り、「最小二乗法」を使ってパラメタを推定します。しかし、回帰分析の種類によっては、最小二乗法でパラメタを求めることが好ま…

第39回 一般化線形モデル

第39回は一般化線形モデルの概要について書いていきます。 □一般化線形モデルとは!? 一般化線形モデル(Generalized linear model:GLM、以下GLM)は、1972年にネルダーとウェダーバーンによって提唱されました。線形回帰分析では正規分布を使うこと…