Rを通じて統計学を学ぶ備忘録ブログ

SPSSからRに移行したい私のような人向けのR解説ブログ兼学習用備忘録。

番外編〜行列の「行」って、「横」なの?「縦」なの?どっちなの?〜

今回は番外編です。番外編を書くきっかけは、Twitterを見てたらRowとColumnの方向を覚えたけど、すぐ忘れてどっちがどっちかわからない、というつぶやきを発見したので、まさに過去の自分のようで、、、、、そのような人たちのお力になれたらと思い急遽、番外編を作成することになりました。笑

またTwitter広告の挙動を見るためのテストも兼ねております。

f:id:teruaki-sugiura:20160704213030g:plain

線形代数を学び出すと出くわくす、行列の方向の問題。この番外編のテーマは、行列の「行」方向、「列」方向の覚えることがテーマです。線形代数の講義で出くわすのはもちろん、統計学でも、経済学でも、工学などなど、、、、色んな学問でも出くわしますね。

統計学:単・多変量解析、ベイズ

情報学:誤り訂正符号理論とか画像認識・圧縮系

経済学:線形計画法など

物理学:量子力学(粒子の振る舞いを行列で表現するらしい)

基本的に色んな学問で利用される超重要な概念なのに、超抽象的で個人的には嫌になります。そして、初学の段階(高校三年〜大学一回生)だと、『行とか、列とか、どっち方向やねん!!!!』と、悩んだ記憶があります。その時に、方向を暗記するためによく登場するのが、以下のような図だと思います。

f:id:teruaki-sugiura:20160702085843p:plain

f:id:teruaki-sugiura:20160702085844p:plain

なんとも、わかりやすい!!!!!!棒が伸びる方向!!!!行が「横」で、列が「縦」で、視覚的なので覚えやすい!!しかし、さらに勉強を続けると、行と列が華麗に転身し、Rowとか、Columnになり、再度、『Row?Column?Which way!!Which way!!』と、悩んだ記憶があります。そんな時に、RowとColumnの方向を覚えるために、英語のサイトをガチャガチャ見ていると、発見したのが以下の図。

f:id:teruaki-sugiura:20160702090744p:plain

f:id:teruaki-sugiura:20160702090746p:plain

※大学一年当時の記憶を元に作成。 

ohhhhhhhhhh!!!!Easy to understand!Easy to remember!

「Row」は「Rの下の隙間が横に伸び縮みする方向」で、「Column」は「列のようにl(エル)の棒が伸びる方向」。これ以降、行列の「方向」で悩むことはなくなりました。

f:id:teruaki-sugiura:20160702172043p:plain

以上でおしまい。