読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rを通じて統計学を学ぶ備忘録ブログ

SPSSからRに移行したい私のような人向けのR解説ブログ兼学習用備忘録。

第13回の補足 2変量以上の相関係数 

多変量解析

第13回の補足では2変量の相関係数について書きます。

相関係数が2変数(データセットでは2列)の場合、cor(x,y)と簡単に相関係数を求めることができましたが、変数が10列、20列と多い場合はどうすればよいでしょうか。1つ1つ、組み合わせて係数を求めていくのは面倒です。このような場合は引数に算出したい列を全て入れれば問題ありません。

state.x77というRに備え付けられているデータセットを用いて見ていきましょう。

state.x77

    Population  Income  Illiteracy  Life Exp  Murder  HS Grad  Frost  Area
Alabama  3615    3624   2.1    69.05   15.1   41.3    20  50708
Alaska   365     6315   1.5    69.31   11.3   66.7    152   566432
Arizona  2212     4530   1.8    70.55   7.8   58.1     15  113417 ・・・ round(cor(america[,1:6]),3) #1〜6列目までの変数の相関係数を返す                Population Income Illiteracy Life Exp Murder HS Grad Population      1.000   0.208      0.108   -0.068  0.344   -0.098 Income          0.208   1.000     -0.437    0.340 -0.230    0.620 Illiteracy       0.108  -0.437      1.000   -0.588  0.703   -0.657 Life Exp        -0.068  0.340     -0.588    1.000 -0.781    0.582 Murder          0.344  -0.230      0.703   -0.781  1.000   -0.488 HS Grad        -0.098   0.620     -0.657    0.582 -0.488    1.000   pairs(state.x77[,1:6])  #散布図行列を返す

f:id:teruaki-sugiura:20150712215115p:plain

 

 

第13回補足は以上でお終い。

広告を非表示にする