読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rを通じて統計学を学ぶ備忘録ブログ

SPSSからRに移行したい私のような人向けのR解説ブログ兼学習用備忘録。

第9回 データの読み込み

第9回はデータの読み込みについて書きます。

 

SPSSでは、savファイルかexcelファイルを簡単に読み込み、データを表示することができましたが、Rでは少し手間がかかります。

 

データをカンマ(,)で区切り、拡張子がcsv形式で保存されたcsvファイルが一般的に使われています(たぶん)。そのcsv形式のデータを読み込むために、read.csv関数が用意されています。また、読み込むデータファイルは「作業ディレクトリ」に保存されている必要があります。

 

デスクトップにtestフォルダを作成し、その中にある「studentdata」というcsvファイルを読み込んでみましょう。(当然ですが、下記のコードを動かしても、あなたのPCにフォルダがないとエラー表示されます)

getwd() #現在の作業ディレクトリを返す
[1] "/Users/Username/Desktop/test"
studentdata <- read.csv("studentdata.csv",header=TRUE) #データを読み込む
studentdata
   no name    sex    math    stat engineering mathtest stattest engineeringtest seminar selfstudytime
1   1    a   male dislike    like     dislike       10        1               1       A             1
2   2    b   male    like dislike     dislike        9        2               2       C             2
3   3    c   male dislike    like     dislike        5        6               3       A             3
4   4    d   male    like dislike     dislike        3        5               4       D             3
5   5    e   male dislike dislike        like        8        8               8       A             5
…省略
16 16    p female    like dislike     dislike        3        6               1       B             2
17 17    q female    like    like     dislike        1        7               2       B             1
18 18    r female    like    like        like        3        8               3       D             1
19 19    s female dislike    like        like        4        6               4       B             3
20 20    t female    like dislike        like        5       10               5       B             4

 read.csv関数の括弧内にheader=TRUEを入れると、一行目が変数名の場合、その部分を処理範囲として含めない。今回は一行目が変数名なので、header=TRUEで省略。デフォルトではheader=FALSEとなる。そのほかにも、txtファイルを読み込むscan関数やread.table関数があります。

 

関数おさらい read.csv():csvファイルを読み込む read.table():txtファイル読み込む scan():txtファイルを読み込む

 

以上で第9回はお終い。

 

広告を非表示にする